探す

【ワインに氷を入れるわけではない!】食後に楽しむ 極甘口ワイン「アイスワイン」とは

食後に楽しむ甘口ワイン「アイスワイン」

アイスワインって氷をワインに入れることじゃないの?

違います(笑)

アイスワインとは、直訳すると「氷結ワイン」

液状になっているワインを凍らせて造るのではなく、凍らせるのはブドウの果実そのものです。

寒冷な気候の地域で、木の上で自然に冠雪あるいは凍結したブドウを、凍った状態で収穫して、そのまま圧搾してワインがつくられます。

ブドウ果肉の水分は凍るのですが、水分以外の甘味を含んだエキス分は凍らずに流れ出てくるため、凝縮された甘みのワインとなります。この甘みがアイスワインの大きな特徴です。

つまり、アイスワインとは、氷点の違いを活かして造られ、一房から取れる量は通常の10分の1程度と収穫量が少ないとても貴重なワインなのです。

アイスワインはどこでつくられるの? 代表的なアイスワインの産地

アイスワインの産地はカナダが有名

「アイスワイン」という名称は国際登録商標であるため、オーストリア、ドイツ、カナダの3カ国で生産されたものにだけ使うことができます。

アイスワインは、18世紀末のドイツのバイエルン地域の農村で、偶然に誕生したと伝わっています。

どんなところでも造れるわけではなく、ブドウが生育するための温暖な気候と、実がなった後に凍るほどの寒冷な気候を併せ持った土地であることに加えて、凍ったまま加工する技術が必要です。

それらの条件を満たす国は限られていて、長い間ドイツやオーストリアの2国のみで造られていました。

やがて、1980年頃からカナダでもアイスワインが造られるようになり、現在ではカナダが世界最大のアイスワイン生産国となりました。特にナイアガラ半島が有名です。

奇跡のワインと呼ばれるアイスワインの製造方法とは

アイスワインに使われるブドウは、氷点下8度の凍結した状態で収穫する必要があるため、早朝5時頃から作業が始められます。

ピュアな果汁を圧搾するためには、全房で圧搾する必要があり、全て手作業で行われます。

凍ったブドウは房ごとに、一つひとつやさしく丁寧に圧搾されます。1房からわずかにティースプーン1杯分の果汁しか取れません。

これが、アイスワインの希少性と価格を押し上げている大きな理由だと言えます。

その後、品種由来のピュアで繊細な香りを生かすために、木樽ではなくステンレス製タンクなどの不活性容器でアルコール発酵されます。

このようにして、収穫から醸造まで手間ひまかけて造られることから、アイスワインは希少で贅沢で、「奇跡のワイン」とも呼ばれるのです。

アイスワインの味はどんな味なの? ワイン好きからはどんな評価を受けている?

「極甘口」とまで言われる甘みが最大の特徴です。

アイスワインの味わいは、何と言っても甘み。

一般的なワインと比べると、非常に甘いのが特徴です。

この甘みは、決して人工的なくどい甘さではなく、長時間発酵によって甘みが増したもので、酸味とのバランスが取れた自然な甘さです。

普段は辛口のワインしか飲まないという消費者も、アイスワインだけは例外という人が多く、圧倒的な支持を得ています。

アイスワインの醸造に使われるブドウは、氷結や冠雪にも実が落ちないだけの、強い品種であることが必要とされます。そのことから、主に「リースリング」と呼ばれる品種のブドウが使われています。条件に合ったブドウの収穫量は少なく、その年の気候条件にも大きく左右されるため、どうしても高価になってしまいがちです。

そんなに希少なら値段も高いのではないですか。。?

どうしても高価なものが多いです。 が、3,000円前後で購入できるものあり、お祝い時などにも最適

アイスワインは、希少なワインのため高価です。

ドイツでの一般的な価格は、375mlで最低でも20~30ユーロはします。1ユーロが120円で換算すると、2400円~3600円ですね。

日本国内で買えるアイスワインは、3000円~5000円くらいまでのものが多く見られますが、中には1万円を超えるものもあります。

高価になる理由は、アイスワインに適したブドウは、わずかしか収穫できないためです。生産に適した気候条件に合う土地が限られていることに加えて、ブドウの収穫時期も大きく影響してきます。

アイスワインの材料となるブドウは、甘さを最大限に引き上げるため、秋に収穫をするのではなく、12月~2月に収穫を行います。そのため、木や房からブドウが落ちる、あるいは鳥獣に食べられてしまうといったリスクも高まるのです。

どんな料理とアイスワインはあうの?

フレッシュなフルーツや、甘さ控えめのデザートとあう

フレッシュなフルーツや、甘さ控えめのデザートと組み合わせて楽しむのはもちろん、塩分の強いブルーチーズや生ハムともよく合います。濃厚なフォアグラ料理と合わせるのもおすすめです。

アイスワインのおすすめな飲み方は「冷やしすぎない事」

アイスワインの魅力を存分に楽しむには、冷やしすぎないことが重要なポイント。

人間の味覚は、温度が下がりすぎると甘みを感じにくくなります。8度前後で飲むのがベストです。がぶ飲みするお酒ではないので、グラスはシャンパンを飲む時に使う、細長いフルートグラスを使って、やや少なめに注ぐのが定説です。

また、ワインとして飲むだけではなく、アイスクリームやケーキにかけて楽しむのもおすすめ。普段、口にしているスイーツが、大人の味に大変身しますよ。

アイスワイン シャトー・パジョス 2003年
マイワインルートがおすすめするアイスワイン

人気ドラマにも登場!ユネスコ世界遺産認定のセラーが生み出す奇跡の味

アイスワイン シャトー・パジョス 2003年
10900円(税込11772円)
ここがイチオシ
編集部タケシ
編集部 タケシのおすすめコメント
氷点下9℃の中で収穫されたブドウから、糖分やミネラルだけを凝縮抽出して造られた、極上の1本。甘み、酸味、香りの持続力が高く、長期熟成が可能です。強く際立つピュアな果実味、フレッシュでクリアな酸味があり、ユニークな味わいから注目度上昇中のデザートワインです!! 
このワインをもっと詳しく見る

マイワインルート人気記事

グリエモ レッド ローソン

【普段使いに最適!】ローソンで安くて美味しいおすすめのワインをご紹介!

ローソンは成城石井と関係があるからか、ワインの種類が豊富です。その中でも筆者が実際にのんでおすすめなワインをランキング式でご紹介します! コンビニワインだからといって侮ってはいけません。本当に美味しいワインがそろっていますよ。

キャバクラのワインメニュー表

キャバクラに置いてあるワインの種類・値段と店では飲まないほうがいい理由5選

「キャバクラや高級クラブでお酒を飲むと高い」そんなイメージはありませんか? はい、結論からいうとものすごく高いです(笑)なので、今回はそんなお店では飲むべきではない理由は価格だけではありません。 なぜ飲むべきじゃないかを説明いたしますね。

明石家さんまさん愛飲ワイン カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー

明石家さんまさん愛飲ワイン「カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー」とは?

人気テレビ番組「ホンマでっか!?TV」の中で、明石家さんまさんが「(自腹で)買って良かったものベスト10」の第3位として紹介・おすすめしたことで注目されるようになった、カリフォルニアの赤ワインです。あの有名ワイン「オーパスワン」に味が似ているにも関わらず、価格は10分の1の価格で飲めるということで人気を博しています。今回はその「カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー」をご紹介します!

まいばすけっとのコスパ最強ワインの味を確かめてみた

まいばすけっとの【コスパ最強ワイン】は本当にコスパ最強なのか飲んでみた

コスパ最強ワインと紹介しているワインがあったので、本当か?と思い飲んでみました。【コスパ最強=安さ×おいしさ】が成り立ってないといけないとおもいますが果たして

宮中晩餐会・赤坂迎賓館

【宮中晩餐会】食事から飲み物・おもてなしワインの解説

日本で最も格式の高いおもてなしの場として「宮中晩餐会」があります。やはり、ワインのサイトを運営しているにあたり、どんな「ワインが提供されるのか」というのは非常に興味があったので調べてみました。

記事一覧を見る